web制作をして、高い評価をもらうためにはweb制作の基本知識を習得したり、アクセスが集まりやすいサイト作りを心掛ける必要があります。そこで、これからweb制作で役に立つ情報をお話するので、サイト作りで失敗しないためにも参考にしてくださいね。

web制作の基本知識

需要がある分野で勝負する

見やすいデザインを心掛ける

コンテンツを充実させる

アクセスが集まりやすいwebサイトの作り方

web制作をする時には、何も意識せずに自分の好き放題に作っていくとアクセスが集まりにくいサイトになる可能性が高いです。それだと、後でアクセスを集めるのに苦労するのでこれからアクセスが集まりやすいサイト作りをお話します。

文末を統一する事が大事

webサイトへのアクセスを増やしたいのならば、サイトに掲載する文章の文末表現を統一することが必要です。webサイトに掲載する文章に限らず、すべての文章に対して言えることですが、文末表現が統一されて…

Learn more

キーワードを意識して記事作成をする

webサイトのアクセスというのは、仮にどれほどの有名人が作ったものであっても、なにかを仲介しないと増えることはありません。たとえば、インターネットのニュースメディアがそうです。「この有名人がついに…

Learn more

SNSボタンを設置する

ボタンがあれば記事のURLをその場で拡散してもらえる

新規にwebサイトを作る場合、面白い記事を書けば勝手にアクセス数は増えていくと考える人もいるかもしれません。しかし、いくら内容がよくてもアクセス数がそれに比例するとは限らないのです。現在、インターネットにはwebサイトのほかにSNSや動画共有サービスなど様々なコンテンツが存在するため、わざわざwebサイトに絞って面白い読み物を能動的に探している人は多くありません。したがって、面白いことを書いたとしても誰にも見つけられないことだって珍しくないのです。 では、そんな状況でどのようにアクセスを集めればいいのでしょうか。やはり、今であればSNSを利用することを考えた方がいいでしょう。たとえば、記事ごとにSNSボタンを設置するのは効果があります。SNSボタンとはなにかというと、クリックをすることによってSNSの投稿フォームがポップアップで表示され、その場でSNSに投稿できるというものです。もし、このボタンがない場合、閲覧者が「面白い記事を見つけた。みんなに教えてあげよう」と思っても、わざわざSNSにアクセスしてから投稿しなければなりません。そのため、途中で面倒に感じて投稿を諦めてしまうことがあり得ますが、ボタンがあればすぐ投稿してもらえます。

SNSボタンはどのように設置すればいいのか

具体的にどのようにしてSNSボタンを設置すればいいのでしょうか。たとえば、CMSやブログを使ってwebサイトを作るのであれば、アドオンをインストールすることで対処できるかもしれません。通常、SNSボタンは各SNSサービスを通じて専用のコードをコピーし、それをサイト内に貼りつける必要がありますが、SNSボタンを表示するアドオンを利用すれば、ただそれをインストールするだけで有名どころのSNSボタンを簡単に設置できるのです。ただ、アドオンだとSNSボタンの表示位置が限定されることがあるので、好きなところに表示したいのであれば専用コードを使った方がいいでしょう。 アドオンや専用コードを使わずにSNSボタンを設置する方法もあります。SNSの投稿フォームに直接リンクを張り、ボタンは素材集などから用意するというものです。この方法は一見すると手間だけかかって意味がないように思えるかもしれませんが、専用コードに含まれるJavaScriptを読み込まずに済むので非常に動作が軽く、また表示も速いというメリットがあります。専用コードを使ってSNSボタンをたくさん設置すると、JavaScriptの読み込みによってサイトが重くなる可能性があるので、それを避けたいならおすすめの方法です。特に回線速度があまり速くないスマホでアクセスされるページには向いているでしょう。