キーワードを意識して記事作成をする


個人サイトは検索サービスを利用してアクセスを増やそう


webサイトのアクセスというのは、仮にどれほどの有名人が作ったものであっても、なにかを仲介しないと増えることはありません。たとえば、インターネットのニュースメディアがそうです。「この有名人がついに公式サイト立ち上げた」という記事を書くことで、人々がサイトの存在を知り、アクセスします。では、一般人がwebサイトを立ち上げた場合はどうでしょうか。当然、ニュースバリューがまったくないので、メディアに取り上げてもらえる可能性は限りなくゼロに近いでしょう。だったらどうすればいいのかというと、検索サイトを頼るのがいい方法です。

たとえば、「テニス」をテーマにしたサイトを作るとします。テニスの情報を知りたい人であれば、検索サイトに「テニス」とか大会や選手の名前を入力して探すでしょうから、それらのキーワードで検索されたときに上位に表示されるようにすれば、アクセスが集まりやすくなるはずです。検索サイトを通じて多くの人に認知されれば、そのうち、SNSで「テニスのことを知りたいなら、このサイトがおすすめ」と宣伝してもらえる可能性も出てきますし、ニュースメディアに取り上げられるかもしれないので、さらなるアクセス増が期待できるでしょう。

キーワードをどのようして盛り込めばいいのか


ただ、テニスに関する記事を適当に書き散らしただけで、「テニス」というキーワードで検索結果の上位になれるかというと、そんなに甘くはありません。キーワードを強く意識し、戦略的な記事を書く必要があります。たとえば、記事のタイトルに必ずキーワードを盛り込むのは大事です。ブログの場合、タイトルは必ず「h1」というタグで囲まれますが、このタグには「このページの一番重要な見出しです」という意味があります。検索サイトがページの内容を判断する基準の一つにしているのがh1でくくられている文字列なので、ここに「テニス」と入れることでテニスに関する記事ですよとアピールできるわけです。 また、テニスに関連する言葉をいろいろ盛り込んでいくのも重要です。たとえばテニスの四大大会について、あるいは人気選手の情報などをまとめると、閲覧者が「テニス」と一緒に入力しているキーワードでも引っかかりやすくなります。単に自分が書きたいことを最優先するのではなく、今、テニスファンに人気がある選手は誰なのか、あるいはファンが知りたがっていることはなにかを調べて、そのことについて意識的に書くといいでしょう。好きなことを自由に書くのはアクセスが増えてからでも遅くありませんし、その方がたくさんの人に読んでもらえます。

webサイト制作とは、インターネット上に様々な企業や個人がホームページを作成することを言います。現在は無料で作成できたり知識がなくても簡単に作成できる専用のサイトもあります。